「いっしょに稼ごうプロジェクト」参加者募集中!

いまさら比較サイト?

安野です。

アフィリエイトのサイトで多いのが、「○○比較」とか「○○ランキング」といったものです。

比較されていれば、たくさんの中から選んだという納得感があるし、ランキング上位のものなら、他の人も買っているという安心感があります。

ですからユーザーにとって、比較サイトやランキングサイトは重宝がられるんですね。

“稼げる”サイト構成と言えるでしょう。

FX比較 Yahoo!での検索

■テーマ重視で

ただアフィリエイターとして、これからその分野に参入しようとするなら、少し考えた方がいいかもしれません。

脱毛や育毛などの激戦区には、もうすでにそのような比較・ランキングサイトが乱立しています。

ですから、今更同じようなサイトを作っても、勝てる確率はほとんどないと言っていいでしょう。
そんなときには、視点を変えるわけです。

「切り口」といってもいいでしょうか。

例えば、「30代のための○○比較サイト」とか。

あるいは「○○が○○な人のための人気ランキング」とか。

サイトにオリジナルなテーマ性を持たせるわけですね。そしてそれを強く打ち出すと。

そうすれば、単なる比較・ランキングサイトよりもずっとユーザーの心に突き刺さります。

「ああ、このサイトは私のためにあるんだな」と。

そう思わせれば大成功です。

他のサイトに浮気することなく、アフィリエイトリンクをクリックしてくれるでしょう。

アフィリエイト全般

インサイダー情報を活用しよう!

安野です。

株式取引で禁止されている行為のひとつに、「インサイダー取引」があります。

公に公開されていない情報を元に取引を行うことで、大きな利益を得ようとする行為ですね。

以下のように、厳しく禁止されています。

使ってはいけない情報=インサイダー取引の禁止

ですが、なぜ禁止されているかを考えると、出てくる答えはただひとつ。

非常に強力な方法だからです。

内々でしか公開されない情報を知ることができれば、こんなにおいしいことはないでしょう。

大きな利益を少数で分けるのですから、ひとり当たりの取り分も大きくなると。

喉から手が出ますね。

耳打ち

■アフィリエイトのインサイダー情報

株式取引では禁止されていているこのインサイダー情報。

アフィリエイトでは禁止されていません。

つまり、“売れ筋”の情報をASPの担当者に聞くこと。

メールをひとつ書けば、たいていの担当者はこころよく応じてくれます。

今はまだ稼げていないからという理由で、担当者と話をしても相手にしてくれないと思うのはナンセンスです。

ASP側は、アフィリエイターに少しでも売り上げてもらいたいと思っているのですから、ずいぶんと協力してくれます。

初心者アフィリエイターがまず最初にやることは、「ASP担当者に売れている商品をきくこと」と言ってもいいでしょう。

これをお読みのあなた。

今から担当者にメールを送ってみませんか?

アフィリエイト全般

「今、バンコクにいます」

「いやー、開放的なところに来ると、いろんなアイデアが浮かんできますね」

昨日のスカイプはそんな会話で始まりました。

バンコク

安野です。

先の会話は、私のコンサル生さんとのものです。

私のクライアントさんはタイ好きな人が多いようで、みなさんしょっちゅう出かけています。うらやましいですねー。

今回の旅行の目的は気分転換のため。

南国の開放的な雰囲気の中で、今後のビジネスの展開についてじっくりと考えたかったそうです。

そしていくつかのおもしろいアイデアが出てきたそうで、それだけでも旅行の元が取れたと話していました。

■アイデアが浮かぶのはこんなとき

どこかのコマーシャルではありませんが、いいアイデアは机の前に座っていれば出てくるというものではありません。

私の経験から言えば、脳がリラックスしているときとか、何かをインプットしているときが多いようです。

ちなみに、こんな場面でアイデアが出てくることが多いようです。

  • ふとんの中に入っているとき
  • 本を読んでいるとき
  • 風呂に入っているとき
  • トイレに座っているとき
  • 歯磨きをしているとき

最後の「歯磨き」というのは、なぜかなとは思いますが、適度な刺激があることがいいんでしょうか?

■アイデアの時間を取ろう

アイデアがひらめくという知的な活動は、それだけでも大きな価値になります。

ちょっとしたアイデアが後に大きな財産になることは、いろんな例がありますね。

最近出てきたインターネットのビジネスは、ほとんどそうだと言ってもいいくらい。

それだけ大切なアイデアの時間、積極的に取っていきたいものです。

成功する考え方