読んでおきたい本の記事一覧

失敗しない人は必ず失敗する

安野です。

昨日はある本を読んでいました。いわゆる成功哲学に分類されるもので、「加速成功」という本。

ずいぶん前に出版されたものですが、今読んでも新しい気づきがたくさんあるのに驚きます。

■独自の視点

この本の著者である道幸さんは、視点がとってもユニーク。

「サウナで見たトップ営業マンとできない営業マンの違い」

「エゴを押し通せ」

「月へ行くのも遊園地へ行くのも違いはない」

これらは目次の一部ですが、これを見ただけでもそのユニークさが伝わってきます。

他の人とは違ったものの見方のせいでしょう。30代で成功を収めた方です。

トレーダーを目指して証券会社の営業マンから初めたものの、自分には適正がないと思い2回の転職。

その後独立しわずか18ヶ月で年収が9倍になるという成功を地で行っています。

そのときに役立ったであろう成功哲学が、この本にはギッシリと詰まっています。

■生々しい体験

とは言っても、なんら珍しいテクニックが書かれているわけではありません。

「夢を紙に書いて持ち歩く」

「成功者のまねをする」

「セルフイメージを高める」

「失敗を恐れず行動する」

など、一般の成功哲学に書かれていることがほとんどです。

ですが、この本の秀逸なところは、著者の道幸さんのナマナマしい体験がそのままつづられていること。

挫けそうになったとき、心が折れそうになったときの経験に直に触れることができます。

成功哲学の本はたくさんありますが、多くは理論だけで終わっていることが多いものです。

その点、この「加速成功」は、ベストセラーになっただけのものはありますね。

読んでおきたい本

悪用厳禁!

いっぱしのマーケターならたいてい読んでいるのが、「影響力の武器」という本です。

影響力の武器

この本は、

人間はどんなときにどのような反応をするのか?

という視点で書かれたものです。

例えば、「権威」

「権威」というのは、その道のプロのことです。専門家ということ。

医者や弁護士などが代表的ですね。

白衣を着た人に自信たっぷりにこんなことを言われたらどうでしょう?

「これはあなたの病気に良く効く薬です」

何の疑いもなく信じてしまいますよね。

そうした力が、「白衣姿」つまり「権威」にはあります。

 

その権威の力をうまく使ったプロモーションがこちら。

ドロップシッピングではおなじみの「サイクルツイスタースリム」です。

見てもらえればわかりますが、どこかの大学の教授が「どれほどすばらしい商品か」を語っていますね。

教授が出てくると、とたんに信頼性が上がる、というわけです。

この本で書かれているポイントをうまく押さえれば、かなり説得力のあるメルマガやサイトを作ることができるでしょう。

マーケティングに携わる人なら必ず持っておきたい一冊です。

 

安野に20円あげてもいいよ、という心の広い方はこちらから↓

 

読んでおきたい本