アフィリエイト全般の記事一覧

稼げるアフィリエイトは?

アフィリエイトには何種類かあると以下の記事でお話ししました。

様々あるアフィリエイト
http://marketing-tools.jp/archives/352

一番気になるのは、どのアフィリエイトがどのくらい稼げるのか?ということでしょう。

ここではそのおおよその金額を書いていきたいと思います。

ただここで忘れてはいけないのは、“どの手法でも大きく稼いでいる人はいる”ということです。

同じ手法であっても、始めた時期や能力の差で、報酬額が大きく変わって来るのは確かなことです。

ですから以下の解説は、同じ時期に始めた平均的な人の場合で、3〜6ヶ月程度継続した場合、という視点でご覧ください。

一般にアフィリエイトは、投資した金額と稼げる金額は比例します。

つまり、無料のものだけではそこそこしか稼げませんが、独自ドメインを購入したり有料の広告を出せば稼ぐ金額は大きくなるのが普通です。

ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトではほとんどの場合、無料のブログサービスを利用することになるでしょう。

この場合、短期的にはある程度稼ぐことができます。

ブログサービスのドメインの力によって、割とすぐにSEOで上位表示されるようになるからです。

しかし長期的に見た場合、SEOでの順位は不安定になる傾向があるようです。

ですから、あるときは大きく稼ぐことはできても、その後は続かないということも。

ひとつのブログで5000円から1万円といったところでしょうか。

 

サイトアフィリエイト

独自ドメインを取得し、SIRIUS(シリウス)のようなツールできれいなサイトを作成できれば、ある程度の金額を狙うことができます。

長期的に見れば、SEOでの順位は安定しますから、それだけ報酬額も安定します。

私が1年以上前にあるキーワードで1位になったいくつかのサイトは、その後ずっと1位の座を譲ることなく、安定して報酬を上げることに成功しています。

ドメイン代(年に500〜1000円程度)やサイト作成のためのツール代(2万〜3万円)はかかりますが、一ヶ月もあれば回収できる金額です。

平均的には、1サイトで1万円〜10万円稼ぐことができるでしょう。

 

メルマガアフィリエイト

メルマガアフィリエイトは、その名の通りメルマガを発行し、その中で商品を紹介するタイプのアフィリエイトです。

文章が主体となるため、サイトアフィリエイトのように画像を加工するためのツールが必要になることはありませんが、読者数が多くなった場合には、専用のメール配信ツールが必要になる場合があります。

メルマガアフィリエイトで重要なのは、読者の氏名の情報です。

配信する文章内に「○○さん」のように氏名を記述することができれば、成約率が大きくアップするからです。

まぐまぐのような無料メールマガジン配信スタンドではこれが不可能なため、本格的に行うためには、有料のメール配信ツールを利用します。

メルマガアフィリエイトは文章力が必要になるため、初心者がすぐにできるものではありませんが、高額な報酬を狙うには、ぜひ行いたいアフィリエイトと言えます。

メールマガジンでは非常に訴求力が高くなるため、上手に活用すれば月に100万円以上を狙うことができます。

 

PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトは広告費が必要であるため、場合によっては収益がマイナスになることもあり得ます。

また宣伝広告に関する昨今の規制や入札額の高騰により、広告を出稿しづらくなっているのも事実です。

特に初心者のアフィリエイターはあまり手を出さない方がいい上級者向きですが、上手くおこなえば100万円も可能なようです。

 

アフィリエイト全般

分類は2通りあります

アフィリエイトと一口に言っても、いくつかの種類があります。

ブログアフィリエイト、サイトアフィリエイト、情報商材アフィリエイトなど、あなたも何度か聞いたことがあるかもしれませんね。

ですが、どのアフィリエイトが何を指すか、漠然とわかってはいても、今一歩ピンとこない、なんていうことはないでしょうか?

またどのアフィリエイトがどのくら稼げるのか、はっきりとした説明もあまりないようですね。

ですからここでは、アフィリエイトの分類と、どのアフィリエイトならどのくらい稼げる(可能性がある)のか、私の経験からお話ししていきましょう。

アフィリエイトの分類

アフィリエイトの分類は、大きく2つあります。

「手法による分類」と「扱う商品による分類」です。

手法による分類

アメブロやライブドアのようなブログを利用するのか、それともウェブサイトなのか、あるいはメルマガなのか?

商品を紹介する“媒体”による分類です。

ブログなら「ブログアフィリエイト」、ウェブサイトなら「サイトアフィリエイト」、メルマガならもちろん「メルマガアフィリエイト」です。

ブログアフィリエイト

「ブログアフィリエイト」は、その名のとおり、ブログを用いて商品に関する記事を書くものです。

有料のブログを利用することもありますが、多くの場合、アメブロやライブドア、FC2といった無料で利用できるブログを使うことがほとんどです。

サイトアフィリエイト

SIRIUS(シリウス)やドリームウィーバーのような、いわゆる「サイト作成ツール」と呼ばれるソフトウェアでサイトを作成し、そこで商品を紹介するのが「サイトアフィリエイト」です。

集客方法は、SEOによる検索エンジンとPPC広告によるものが多いようです。

メルマガアフィリエイト

メールマガジンを発行し、読者を集め、そこで商品を紹介するというものです。

当然メールマガジンを書く文章力が必要ですから、他のアフィリエイトに較べると比較的難易度は高いと言っていいでしょう。

PPCアフィリエイト

PPC広告を用いて行うアフィリエイトです。

Yahoo!やGoogleの検索結果ページの上部や右部に表示されるPPC広告部分に広告を出稿し、ランディングページと呼ばれるページに誘導する、というものです。

広告を出稿するためには広告費が必要ですから、初心者がいきなり行うことはあまりないと言っていいでしょう。

その他

今は、ツイッターやフェイスブックなど、ソーシャルメディアが世間的に注目されています。

それはつまり、手軽に多数のユーザーにアクセスできるということです。

その特性を利用して、アフィリエイトを行う手法も確立されつつあります。

ツイッターを使った場合は「ツイッターアフィリエイト」などと呼ばれていますが、今後は「フェイスブックアフィリエイト」「LINEアフィリエイト」という言葉が広く使われるようになるかもしれません。

 

扱う商品による分類

アフィリエイトで扱える商品は、実に種々雑多です。

サプリメントや青汁、育毛剤やトリートメントのような美容や健康に関する製品から、クレジットカードや光ファイバーの申し込みのように、金融やITに関するものまであります。

スーパーやコンビニなどでよく見かけるものですね。

これらは、サプリメントなり健康器具なり、実物のモノが存在しますが、一方で“モノが存在しない”商品もあります。

「情報商材」と呼ばれるものです。

「腰痛を治す方法」とか「ネットビジネスで稼ぐ方法」など、ほとんどの場合は「〜する方法」という、ノウハウやコツをひとまとめにした商品です。

これらの商品は“こうすれば上手くいく”という「情報」ですから、文書や動画、音声の形をとることがほとんどです。

インターネットでダウンロードするか、あるいはDVDや紙の文書で郵送されます。

こういった商品で分類すると、モノがあるものは「物販アフィリエイト」、情報商材は「情報商材アフィリエイト」と呼ばれます。

 

アフィリエイト全般