アフィリエイトのテクニックの記事一覧

あくまでもユーザー目線で

安野です。

今年の2/6に行われた、Googleのウェブマスターハングアウトというものが公開されています。

これは、トップレベルユーザー(?)の3名とGoogleのサーチクオリティーチームとの対談動画。

トップレベルユーザーというのは、Googleのヘルプフォーラムで積極的に活動されている方のようです。

■Googleの回答

質問

「今後のアルゴリズムの変更についておうかがいします。今後どのような変更があり、どのような対策をとるべきでしょうか?」

多くの人がぜひとも知りたいこの答えは、18分30秒あたりから始まっています。

そして返ってきたのは「ユーザーに役に立つサイトを作ってください」という回答。

あくまでもユーザー目線で、ということです。

■検索エンジンよりも...

「SEOしないのが最高のSEO」

そんな言葉が流行った時期がありました。

そのときはそうでもなかったのですが、これからはそれが現実になるのかもしれませんね。

検索エンジンを気にするよりも、ユーザーを気にしなさい、ということでしょう。

SEO対策

ワンワン、ギャーギャー

と言っても、頭がおかしくなったわけではありません。

オノマトペという言葉があります。

日本語で言うと、擬音語や擬声語と訳されるようですね。

雨が降る「シトシト」、火が燃える「メラメラ」、雷の「ピカピカ」など、状態や音を表したりする言葉です。

雨

日本語は、これらのオノマトペが多い言葉だと言われています。

静寂を表す「シーン」という言葉があるくらいですから、よっぽど多いということなんでしょう。

■キーワードのヒント

なぜこんな話をするのかと言うと、もちろんアフィリエイトに利用できるからです。

私が運営しているあるサイトでは、このオノマトペを使ったキーワードでのアクセスがあります。

ここで言うことはできませんが、ヒントとしては人間の体の一部を表す言葉です。

その状態で悩んでいる、というキーワードなんですね。

ですからそんなときのコンテンツは、「その悩みにはこの商品がいいですよ」とすすめているわけです。

■けっこう穴場

このオノマトペは、けっこう穴場のキーワードです。

一度、真剣に考えてみることをおすすめします。

いつの時代でも、ライバルの裏を行くことが成功の鍵ですから。

キーワードの見つけ方

最も簡単なSEO対策

「いっしょに稼ごうプロジェクト」では、私も受講生の方と同じようにブログを書いています。

そのブログを書き始めて、今日でちょうど一週間がたちました。

1日に1記事ずつ書いていますから、今日の分も含めて8記事が書かれたことになります。

カレンダー

■最も簡単なSEO対策

特にSEO対策はしていませんが、すでにアクセスが来はじめているんですね。

検索エンジンにしてみれば、記事の数が多いほど“良いブログ”だとみなされますから、記事数が増えるにつれて評価が高くなっていきます。

つまり、記事が多ければ多いほど検索結果の上位に表示される可能性が高くなる、ということ。

最も簡単なSEO対策です。

■SEOは相対的

ライバルが弱ければ、こんなSEO対策で十分です。

SEOは絶対的なものではなく、相対的なものです。

ライバルが強ければどんなにがんばってもかないませんが、ライバルが弱い、あるいはほとんどいないようなら、対策と言えるほどのものさえしなくていいわけですね。

「SEO、SEO」と言う前に、まずは記事を書くことです。

SEO対策