いっしょに稼ごうプロジェクトの記事一覧

「みなみは人の強みを生かそうとした」

ビジネス書としては空前のヒットとなった「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(通称「もしドラ」)の第五章です。

もしドラ

安野です。

主人公の女子マネージャーみなみが、野球部の監督や部員、他の女子マネージャーの長所を生かそうと奮闘するのがこの第五章です。

監督は、野球のことなら何を聞いても知らないことが無いというほどの博識。

みなみは、監督のこの知識の多さを強みだと考えます。

ですが同時に、その知識を他の部員に伝えるのに苦労していることもよく知っています。

野球の専門家だからこそ、難しい言葉を使ってしまうんですね。

他の人も自分と同じくらいの知識がある、という前提で話を進めてしまうからです。

ですから監督の話を聞く人は、途中で話がわからなくなってしまうことがほとんど。

そんな状況が、監督と部員の距離を遠ざけていました。

そこでみなみは、他の女子マネージャーを監督の“通訳”として使います。

賢いそのマネージャーは、監督の考えもすぐに理解できるし、その内容をわかりやすく他の人に伝える能力もある。

その女子マネージャーの「コミュニケーション能力」を評価したのです。

監督の「知識」という強みと、その女子マネージャーは「コミュニケーション能力」という強みを組み合わせた、というわけ。

■強いチーム

デキるチーム(組織)は、それぞれのメンバーの役割がはっきりしています。

リーダーシップをとり、チームメンバーを率いる人。

チームの雰囲気を盛り上げる人。

目立たないけれども地道な作業をこなす人。

それぞれのメンバーがその強みを発揮できる環境が、成果を出すチームの特徴です。

■いっしょに稼ごうプロジェクトも

今行っている「いっしょに稼ごうプロジェクト」も、ゆくゆくはそんな組織にしていきます。

文章を書くのが得意な人は文章を。

リサーチが得意な人はその調査を。

交渉が得意な人は交渉役を。

今から楽しみです!

いっしょに稼ごうプロジェクト

仲間を作る

昨日は、「いっしょに稼ごうプロジェクト」のセミナーを行いました。

このセミナーの目的は、もちろんスキルアップもあるのですが、それ以上に重要なのは他のメンバーと刺激しあうこと。

他の人がどんなブログを作っているのか、どんな記事を書いているのかを知ることは、モチベーションアップにつながります。

モチベーション

■仲間の存在

実際に参加した人にとって、今回の経験は大きな刺激になったようです。

キーワードについてのセミナーでしたから、その選定方法、発想の仕方、購入までの近さなど、新しい知識を得ることができたと思います。

そして仲間の存在を知れたこと。

仲間の存在は大きな心の支えになります。

アフィリエイトはどうしても孤独な作業が多いですから、いろんなことで悩みがち。

これで正しいんだろうか?

他の人はどうしているんだろうか?

自分だけ間違ってはいないだろうか?

他の人も、自分と同じようなことで悩んでいることがわかったのではないでしょうか?

■今後も続きます

このセミナーは、今後も定期的に開催していきます。

しばらくは一週間に一回程度。

稼げるようになるまでとことん教えます。

いっしょに稼ごうプロジェクト

基礎の基礎です

「いっしょに稼ごうプロジェクト」では、全くの初心者の方には「ビギナーズトレーニング」というものを行ってもらっています。

これは、今まで全く稼げなかった方に「稼げる感覚」を身に付けてもらうのが主な目的です。

商品の選定から集客するためのキーワードの考え方、そして成約させる文章の書き方など、本当の基礎の基礎です。

言ってみれば、稼ぐための基礎体力をつけるようなもの。

ダンベル

何にしても、基礎ができていなければ始まりませんからね。

ただこれをクリアーできれば、その後の作業はかなりスムーズにできるはず。

稼げる感覚を身に付けたあとは、一気に報酬アップを狙います!

次回の募集のお知らせは、メールマガジンでだけ行います。

メールマガジンに登録する

いっしょに稼ごうプロジェクト