書店では本を読みません

安野です。

何かいいアイデアを出そうと思ったとき、いつも行くのは近くの書店です。

と言っても、本を読むためではありません。

本を読む人を観察したり、今どんなものが流行っているのかを調べるためです。

特に注目しているのが、平積みになっているものや、売り場で大きな面積を占めている本。

ちなみに、その書店ではパズル系の本がかなりの面積を占めていました。

書店

この写真では一部しか写っていませんが、これと同じくらいの棚がもうひとつあります。

そしてその棚の下には、同じく平積みされた一面のパズル雑誌。

よくもまあこれだけパズル雑誌があるもんだと思うくらいです。

この書店は決して大きな本屋ではありませんから、このコーナーだけ異様に大きく感じるんですね。

なんだかそこだけが特別な雰囲気を醸し出しています。

これだけパズルの本を置いているということは、それだけ売れていると言うこと。

「ナンクロ」「ナンプレ」にはまっている人が多いという証拠です。

■流行のバロメーター

簡単な見方をすれば、「売り場面積=流行の度合い」と言えそうです。

販売している雑誌の種類が多いほど、そして売り場面積が多いほど売れているというわけ。

この書店では、パズル系以外にも「釣り」「パチンコ」「自動車」が目に付きました。

意外だったのは、「ゴルフ」がそれほど目立ってはいない、ということ。

何種類かはあるのですが、それほど売れているわけではなさそうです。

■視点を変えると

他にも注目したいのは、雑誌に出ている広告です。

健康系の雑誌には、青汁の広告。

ゴルフの雑誌には、疲労回復サプリメントの広告。

自動車の雑誌には、出会い系の広告。

ギャンブル系の雑誌には、消費者金融の広告など。

広告に注目すれば、どんな読者層をターゲットにしているか、なんとなく想像は付きます。

このように、いろんな気づきを得ることができるのが書店です。

あなたも今度行くとき、ちょっと視点を変えてみるといいかもしれません。


一歩先のアフィリエイトテクニックをメルマガで公開中!
は必須項目です
メールアドレス
お名前(姓名)
姓と名はスペースで区切ってください