行き詰ったら視点を変える

安野です。

最近、LTM-TVを見返しています。

というのも、キーワードの幅をより広げるためです。

商品名やメーカー名のキーワードは、確かに成約は取りやすいのですが、ライバルが多いのも事実。

特に有名な商品になればなるほど競合がたくさん出てきます。

綱引き

■ライバルの裏をかけ

「孫子の兵法」という兵法書があります。

世界で最も有名な有名な兵法書と言っていいでしょう。

古くはナポレオン、今ならソフトバンクの孫正義も参考にしているというほどのもの。

そんな「孫子の兵法」で、最も重要視されている戦略があります。

それは、“戦わずに勝つ”こと。

戦をすれば、たとえ勝ったとしてもある程度の損害がありますから、最もすばらしい勝ち方は不戦勝だ、ということです。

これをアフィリエイトで言うと、ライバル不在の状態。

いっとき「ブルーオーシャン」という言葉が流行りましたが、まさにその状態なんですね。

競合サイトがいなければ、利益を独占できます。

 

■「商品名A 商品名B」というキーワード

例えば、Aという商品とBという商品を並べたもの。

具体的には、

「商品名A 商品名B」

というものですね。

このキーワードの意図は明らかです。

商品Aと商品Bを比べている人が検索するキーワードです。

私が持っている無料ブログでは、このキーワードで1位となっています。

それは他に有力なライバルがいないから。

2位以下のサイトは、そのキーワードに気づいていないようです。

 

■状況を考えよう!

商品名やメーカー名がSEO的にきついと思ったら、少しだけ視点をずらしましょう。

そのヒントは、こちらの記事もあるように「ユーザー目線」が基本です。

Googleウェブマスターハングアウト

検索者はどういった状況で検索しているのかを考えれば、答えが出てきますよ。


一歩先のアフィリエイトテクニックをメルマガで公開中!
は必須項目です
メールアドレス
お名前(姓名)
姓と名はスペースで区切ってください