除外するべきです!

アクセス解析の一般的な機能としてあるのが、自分自身(サイト管理者)のアクセスを無効にするものです。

特にサイトやブログ作成直後では、最もアクセスしているのは自分自身であることが多いもの。

「除外設定」を忘れていると、意図しないアクセスまでカウントしてしまい、後でがっかりすることになってしまいます。

叫ぶ男性

■i2iでは

よく利用されているアクセス解析「i2i」でもその機能があります。

「管理者メニュー」「管理者除外設定」から設定できます。

ただ注意しなければいけないのが、2種類あるということ。

「IP除外」「Cookie除外」です。

IP除外

i2i IP除外

Cookie除外

i2i Cookie除外

■IP除外とCookie除外

「IP除外」というのは、自分が利用しているプロバイダのIPアドレスからのアクセスをカウントしない、というものです。

ただ注意しなければいけないのが、IPアドレスはときどき変わるということ。

フレッツ光などを利用していると、屋内にブロードバンドルータという白か黒の箱状のものを設置しますが、停電などで電源が切れたとき、それが再起動するとIPアドレスが変わるのが普通です。

また電源が切れなくても、何ヶ月に一度くらいの頻度で変わるのが一般的です。

(固定IPアドレスのサービスに加入していない場合です)

ですから、たとえIP除外の設定をしていても、いつの間にかその設定が無効になっている可能性があるんですね。

それに気づかずにアクセス解析を見て喜んでいると、ぬか喜びということにもなりかねません。

そこでi2iが用意しているのが、もうひとつのメニュー「Cookie除外」です。

これは、ブラウザのCookieの機能(情報を保持する仕組み)を利用するため、ブラウザが変わらない限り設定が無効になることはありません。

IPアドレスが変わっても問題ない、ということです。

ですが当然、こちらにもデメリットがあります。

PCを変えたりブラウザを変えたりしたときには、再度設定しなければいけない、ということです。

このように、「IP除外」にしても「Cookie除外」にしても、それぞれメリットとデメリットがありますから、どちらが良い悪いとは言えないのですが、普通に使う分なら、「Cookie除外」にしておけばいいでしょう。

もしプロバイダが用意している固定IPアドレスのサービスに入っているなら、「IP除外」でかまいません。その方が手間は省けるはずです。


一歩先のアフィリエイトテクニックをメルマガで公開中!
は必須項目です
メールアドレス
お名前(姓名)
姓と名はスペースで区切ってください